スポンサーサイト

Posted by chiharu on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡へ

Posted by chiharu on 03.2010 おでかけ   0 comments   0 trackback
はちべえを連れて、はじめて実家のしずおかへ帰省。

だけど一泊。

車で行こうか、電車で行こうか、散々迷ったあげく、練習を兼ねて電車での帰省にしました。

入間 → 池袋 : 西武池袋線 特急
池袋 → 東京 : 山手線
東京 → 静岡 : 新幹線

電車での帰省をするので、どんなものではちべえを連れて歩けばよいのか散々悩んだあげく、ペットパラダイスの3wayバギーを購入しました。

乗り換えなどの移動はバギーで、電車の中ではバッグを取り外して足の前に置くことができるし、車輪部分は細く折りたたみができてタイヤにカバーをつけられるので、上の荷物置き場に置くことが可能。
指定を取るときに一番後ろの席が取れれば、席の後ろに置くことができるのでその方が楽かも。

行きの西武線の特急は隣の席が空いていたので、バッグを取り外さずにバギーのまま自分の席の前に駐車。

sizuoka1.jpg

新幹線は混んでいたのでバッグを取り外して足前に。
と、なんとか新幹線の時間に間に合ったのですが、実は池袋で西武線から山手線に乗り換えるときに少し急いでバギーを右へ左へ動かしていたところ、はちべえの様子が…

そう、バッグの中でゲロッパになっていました(T_T)

改札入ったらバッグ閉めとかないといけないんだよ~。
新幹線の時間に間に会わないかもしれないね~。

とかなり焦り、でもそのままにしておくわけにもいかず、構内の隅の隅で最小限チャックを開けて片しました。
幸い、はちべえはゲロッパ癖があるのではじめからバッグの底にペットシーツを敷いておいたお陰で、シーツをクルクルっと丸めてはちべえの口を拭き、山手線にすぐに乗ることができて新幹線にも間に合ったのでした。

sizuoka3.jpg


そうそう、

JRは手荷物料金を払わなければいけないので池袋の改札で「あの~犬が一緒なんですけど~」と申請(西武線はタダ)。
下の写真は静岡で申請したときのものですが、池袋ではレシート形式のものをペラッと渡され「こ、これはいったいどうやって張るんだ…」という感じで、とりあえずお財布にしまっておきました。

ネット検索してみると車掌さんに提示を求められることもあるようですが、私は全く何も言われず。

sizuoka4.jpg



さて、無事静岡に到着。

sizuoka.jpg


そして、実家に到着。

まずは実家で飼っているネコのポンタとご挨拶。
はちべえが居るのを気配で感じて、奥の部屋からそっと出てきてはちべえに近づくポンタ。
お互いに「な、なにやつ??」と様子を見ながら近づいていましたが、ネコのポンタははちべえが近づいても「シャーっ!」と威嚇することなくはちべえを観察していたツワモノです。

sizuoka5.jpg

その後もはちべえから少し距離を置いたところからじっと観察をしていました。
じっと見すぎていてコワイ…

sizuoka11.jpg

この日は家族に抱っこされたり、おやつをもらったりして浮かれて過ごしました。疲れていて眠いはずなんだけど、緊張と興奮でなんとなくまったりできない様子だったのでガムをあげてまったり時間を演出。

sizuoka6.jpg

食べ終わり少しするとほっとしたのか、ウトウトしはじめました。
おやすみ、はちべえ。

sizuoka7.jpg


次の日はともだちに会い、

sizuoka8.jpg

ともだちの赤ちゃんを間近で見て、

sizuoka9.jpg

ともだちに抱っこしてもらいました。

sizuoka10.jpg


この帰省で計算外だったのは「気温」。

12月にしてはかなり暖かく、さらに電車の中はうっすら暖房が入っていて、バッグの上を網にしておいたとはいえかなりのメッシュタイプであまり風が入らなさそうなバッグの中で、暑がりなはちべえはへえへえと舌をだすことに。

だからといってバッグを開けておくことはできないので、行きは急遽山手線に乗る前によく冷えたペットボトルの水を2本買ってバッグの中へ。
帰りは行きの教訓からペットボトルを凍らしておいて、凍ったものをタオルで巻いてバッグに入れるようにしました。
このペットボトルのお陰で電車の中でもペットボトルを枕にスヤスヤ寝ていることができたはちべえです。

sizuoka2.jpg

そして、この帰省で確認できた「よかったこと」は
どの人に会ってもシッポフリフリでご挨拶ができて、誰に抱っこされても大人しくしていられたこと。
特に家族には次の日の朝には前から一緒に住んでいたかのように「おはよう」の挨拶をしていました。

そしてそして、トイレ。
どんな場所でもシーツを広げて「チッチ」の声かけでおしっこをすることを練習していたので、帰省中いろいろな場所でおしっこをさせたいときにシーツでしてくれて本当に助かりました。

この帰省ははちべえの成長を確認できた貴重な旅となりました。

はちべえ、お疲れさま!


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://havanesehachibee.blog22.fc2.com/tb.php/18-facd232a

プロフィール

chiharu

Author:chiharu
2010.07.07生まれの
ハバニーズ「はちべえ」の
浮かれたようすをお楽しみください♪

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。